2013年11月22日

【外国人の悩み紹介】通勤ラッシュ、押し込まれた乗客はなぜ怒らないの?

日本に居住している外国人が抱く、日本に関するさまざまな疑問と悩み。それらが投稿されているサイトが「OKWave ありがとう」の「Japan Life」コーナーだ。彼らは日本で一体どんな壁にぶつかっているのだろうか。寄せられた質問をピックアップしてご紹介する。(カルチャージン 外国人のお悩み紹介コラム)
ニューバランス スニーカー
皆さんは「在宅で仕事をしたい」と思ったことはあるだろうか? 筆者は常に在宅での仕事を願っているのだが、その理由は通勤ラッシュの混雑にある。すし詰め状態の電車から吐き出され、改札を抜けて一息つく度に「自宅で仕事をしたい」と思わずにはいられないのだ。ニューバランス レディース

「在宅ワークがいい!」とまではいかなくても、日本人の多くが満員電車は好きではなく、狭い車内にギュウギュウ押し込まれることにも、ただただ耐えているのだと思うのだが……。外国人の方から驚きの質問が投稿された。

「ラッシュ時の電車に乗ったとき、駅員さんが乗客を電車に押し込んでいるのを見ました。それはどうしてですか? なぜ乗客は押されても怒らないのでしょうか?」(オーストラリア)

確かに通勤ラッシュ時のホームには、人を押し込むための要員が配置されている。そして彼らは閉まるドアに挟まった荷物や人を押し込み、必死にドアを閉じようとしている。

「あんなにギュウギュウの車内に、こんなにグイグイ押し込まれて、なぜ抗議しないのか……」、そう思いながら呆然とこの光景を眺めているオーストラリアの御仁の姿が目に浮かぶ。事情を何も知らない人からすると、ラッシュ時のこの光景はかなり奇特なものに思えるのだろう。

この質問に対して、ニュージーランドやアメリカの方が以下のような回答をつけている。

「彼ら(満員電車に押し込んでいる人)は、電車に乗ろうとしている人を助けているのだ。彼らはそうすることが仕事なのだ。もしあなたも満員電車に乗ろうとするなら、あなたも覚悟せねばならい」(ニュージーランド)

「彼ら(満員電車に押し込んでいる人)はできるだけ多くの人を電車へ乗せようとしている。そして押されている人達も時間通りに仕事へ行かなければならないので、押されることを気にしていない」(アメリカ)
posted by wanerbener at 15:56| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年11月21日

検査は、

検査は、長さ3・1センチ、直径1・1センチのカプセル型の内視鏡をのみ込む。2台の小型カメラとLEDライト、ニューバランス996バッテリーが内蔵されており、1秒間に最大35枚の画像が撮影できる。データは随時、受診者が肩から提げたレコーダーに送信される。数時間後、カプセルは便として排泄(はいせつ)される.カプセル内視鏡は、小腸用が07年に保険適用されている。大腸用は7月に国が製造販売を承認。厚生労働省の中央社会保険医療協議会が今月6日、来年1月からの保険適用をスピード承認した。カプセルの価格は8万3100円。ここに検査費用が加わり、ニューバランス14003割負担なら1回数万円で受けられる見通し。ただ、従来の内視鏡と違い、検査中に病変が見つかってもその場で治療できない弱点もある。精度もやや劣り、2011~12年に国内3施設が行った治験では、66例中4例(6%)で病巣を発見できなかった。
posted by wanerbener at 11:35| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
リンク集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。