2013年12月26日

高収入でも結婚できない理由



 近年、男女ともに「結婚難」とも言える状況が続いているようだ。男性全体の結婚難には、「適齢期」に男性より女性が少ないことに加え、経済問題がある。2000年代に非正規雇用という労働形態が一般化、非正社員が全雇用者に占める割合は12ニューバランス スニーカー年には35.2%に達し、平均年収も下がった。雇用者の平均年収は1997年の467万円をピークに11年には409万円になり、年収200万円未満の人も1千万人を超える(国税庁調べなど)。

 年収が200万円未満の場合、自身の生活だけで精一杯で、とても結婚どころではない。女性に興味がなく性欲も少ない「絶食系男子」も、この層にいるとされる。

 事実、アンケートでも概ね年収が低いと結婚への意欲は弱く、高くなるにつれ結婚したいという思いは強くなる傾向がある。「一度もセックスしたことがない」「3年以上ない」のも年収の低い層に多い。

 では、高年収層は生活を考慮せず悠々と結婚できる状況にあるのだろうか。高年収層は別の問題を抱えている、と指摘するのは『中学受験は親で勝つ』の著書もある精神科医の和田秀樹さんだ。

「都会の高年収層は、小学校から塾に通い中学受験をした人たちが多い。その人たちが高学歴を手にし高収入を得ている場合がほとんど。ですから結婚して子どもができた際は自分と同じように塾に通わせ、中学受験をさせようとするのです。そうであれば収入がいくらあっても生活的には厳しくなる」

 現在の高収入独身層だって極端な無駄遣いをしているわけではなく、好きなものを食べたり欲しいものを買っていたりするだけだ、とも和田さんは話すニューバランス レディース。でも、中学受験のための塾に子どもを通わせるには、送り迎えも必要。夫婦ともにフルタイムで働いていては不可能だし、仮に有名私立中に進学したら学費がかかる。

「公教育に期待が持てず投資せざるを得ない今、1千万円の年収は昔の600万円くらいなものです」

 高年収層には不要な圧力がかかっている、と話すのは先の武蔵大学の田中さんだ。

「年収が低くて結婚できないという『理由』は分かりやすい。だから年収が低くて結婚できない場合はかわいそうだと思われる。ですが、ある程度の高年収なのに結婚していない状態は理解されにくい。人格的におかしかったり特殊な事情があったりするのではないかといった邪推さえ生むのです」
posted by wanerbener at 17:09| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

都知事選は女の戦い


 驚異の粘り腰から急転直下、猪瀬直樹氏が東京都知事の職を辞し、自民党をはじめ各党は急ピッチで選挙態勢を整えつつある。

 投開票日が2月9日に決まったこともあり、短期決戦のため、知名度優先の候補者選びとなりそうだ。

 自民党で最初に取りざたされた候補は橋本聖子参院議員だった。冬季、夏季計7回の五輪出場を誇り、2014年2月のソチ冬季五輪の日本選手団団長にも決まニューバランス996っている。東京五輪の招致でも汗をかいた。

「次の都知事は五輪の成功が最重要課題です。五輪に造詣が深く、対外的な顔として最適格だと森喜朗元首相が積極的に橋本さんを推しています。知名度もありますし、勝てる候補です」(自民党幹部)

 自民党にとって橋本氏を担ぎ上げたい理由はもう一つある。橋本氏であれば、消費増税実施直後の補選を避けられるのだ。

 通常、国会議員が辞職すると4月下旬に補選となる。だが橋本氏は参院比例区の選出で、繰り上げ当選だけで済む。

 先の臨時国会では、政権の強硬姿勢がクローズアップされ、内閣支持率は10ポイントほど下落。さらに増税実施が加わり、補選はかなりの注目を浴びることになる。万が一、敗北でもしようものなら、安倍政権の屋台骨を揺るがしかねない。

「野党がだらしないとはいえ、安全策をとりたいのが本音です。衆?参院選で大勝しただけに、勝ったとしても票差が注目されるでしょうし」(同前)

 一方で、下村博文文部科学相の名前も挙がった。安倍晋三首相(59)の側近で、政権としても安心して都知事に送り込める。

 だが12月20日に開かれた自民党東京都連の会合で、この2人に加え、丸川珠代参院議員については「本人が固辞している」との理由で擁立を見送った。

 こうした動きを横目でみているのが小池百合子元総務会長だ。

「やる気満々です。出るなら最後に手を挙げると口にしています。今の安倍官邸とソリが合わず、このまま議員をやっていても将来がありませニューバランス1400んから」(周辺)

 このほか自民党では「前々からどこかの知事狙い」といわれる片山さつき前総務政務官の名前も挙がっている。
posted by wanerbener at 17:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年12月25日

高速道路SA?PAのLTE捕捉率


 仕事や旅行での移動中での情報収集や通信の重要性はますます高くなっている。株式会社ブランド総合研究所は、高速道路の路線別サービスエリア?パーキングエリアにおけるスマートフォンのつながりやすさの調査結果を発表した。この調査は全国の高速自動車国道(国土開発幹線自動車道のみ対象で、一般有料道路は対象外)のSAおよびPAでのLTEのつながりやすさ(捕捉率)と通信速度(上りおよび下り)を測定したもの(調査期間は11月15日から18日まで)。

 調査の結果、つながりやすさに関ニューバランス スニーカーして高速道路の路線によって大きく異なることが判明。調査地点全てで携帯キャリア3社ともLTEに接続できた(捕捉率100%)のは、館山、東名阪、西名阪、伊勢のわずか4路線のみしかなく、特に東北や九州などの地方路線では、キャリアによってはLTE接続の差が大きく出た。路線別では、すべてのSAおよびPAでLTE接続できたのは、docomoでは44路線中13路線(29.5%)、SoftBankでは8路線(18.2%)だった。一方、auは31路線(70.5%)でLTE接続が可能で、全路線におけるLTE捕捉率の3キャリア平均は76.9%だった。

 また、下りの通信速度が最も速かったのは新東名自動車道(調査施設数10箇所)で、下り通信速度はキャリア3社の平均で25.5Mbps(docomoは29.0Mbps、auは34.8Mbps、SoftBankは12.8Mbps)。一方、秋田自動車道(同9箇所)で6.2Mbps(docomoは2.0Mbps、auは14.6Mbps、SoftBankは2.0Mbps)となったほか、道東自動車道や八戸自動車道など、地方路線では速度が極端に遅くなるキャリアがあるという結果になった。

■高速道路別のLTE捕捉率と通信速度

 全国の高速自動車国道の路線別でのLTE捕捉率(LTE接続できた比率)と下りの通信速度の測定結果について、調査を実施した全525箇所の平均の捕捉率は、docomoが71.2%、SoftBankが63.6%に対し、auは95.8%だった。また通信速度ではdocomoが15.1Mbps、Sニューバランス レディースoftbankが12.8Mbpsだったのに対し、auは21.4Mbpsとこれらを大きく上回った。

■調査概要
?調査名
高速道路におけるスマートフォン接続状況調査
?調査日
2013年11月15日から18日までの4日間
?調査時間
9時~18時
?調査地
全国の高速自動車国道(国土開発幹線自動車道のみ対象で、一般有料道路は対象外)のうち、SA施設は上りと下りの240箇所、PA施設は上りまたは下りのいずれか1箇所(上りと下りの両方あるばあいは上りのみ)の285箇所の計525箇所
?集計対象
調査施設が3箇所以上ある高速道路(2箇所以下は「その他」とした)
?調査場所
原則としてメインの建物の入口に近い屋外のパーキング
?測定方法
「RBB Today Speed Test」アプリを使い、1機種1箇所につき3回計測し、その平均値を算出した。なお、接続できなかった場合には0Mbpsとした
?調査機種
調査使用スマートフォン端末はdocomo、au、SoftBankの各iPhone5c
?調査主体
株式会社ブランド総合研究所
posted by wanerbener at 17:15| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
リンク集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。