2013年12月24日

ペットと入れる墓が人気


 人とペットの遺骨を一緒に納められる墓が、人気を集めている。

 ペットを家族の一員として大切に飼っていた人が、死後もそばにいてほしいと思うようだ。首都圏や福岡県内などを中心に各地で建設が進んでおり、増設を重ねる墓地もある。

 福岡県宗像市の高台に位置する百合ヶ丘霊園。周囲を森林で囲まれた約7000区画の広大な大型公園墓地の一角で、小さな石碑とともに立つ墓がニューバランス ランニングシューズいくつもあった。

 「これまでに飼ったどの犬よりも賢い子だった。子供のような存在で、きちんと供養してあげたかった」

 15年間飼った雌のシーズー犬「リリー」を4年前に亡くした同県福津市の男性(74)は、そう言って「リリー 15才」と刻まれた石碑に手を合わせた。

 12年前、男性は心筋梗塞で病院に運ばれて約2か月半、闘病生活を送った。家族から、毎日リリーがさみしそうに寝ていると聞き、愛情が一層深まった。その後、リリーはがんを患い、最期は男性の腕の中で息を引き取った。

 しばらくは家の仏前に骨を置いていたが、ペットと一緒に合葬してくれる霊園があると知り、迷わず購入した。現在は先祖とリリーが一緒に納骨されている。石碑の裏には「癒やしてくれた愛犬達もここに眠る」と刻んだ。「達」とあるのは、今飼っている2匹も死後はここに入れるつもりだからだ。もちろんいずれは男性も入る。

 百合ヶ丘霊園では、2006年から、ペットと入れる墓の販売を始めた。口コミで評判が広まり、段階的に増設している。霊園内では143区画のうち102区画が売約済みという。同霊園管理事務所の安部順二所長(56)は「市外からも問い合わせがある。空きがなくなれば、また増設することも検討したい」と語る。

 同県桂川町の嘉麻郷霊園では2年ほど前から、樹木などの下に遺骨を納める「樹木葬」のペット合葬墓を販売。これまで大々的に広告をしたことがなかったが、霊ニューバランス 574園内の樹木葬墓400区画のうち30区画がペット納骨可能な墓で、すでに9割ほどが売れた。

 ペットの死を契機に購入する高齢者が多いが、なかには30~40歳代の人もいるという。同霊園の秋本修所長(63)は「マンション暮らしをしている人が埋葬場所がなく、供養のため購入するケースが多い。死後も人間同様の扱いで、ペットも市民権を得てきたなという印象です」と話す。(香月大輝)

          ◇

 ペットと入ることができる墓は、10年余り前に、東京や神奈川など関東の霊園で販売されるようになり、その後、九州などに広がった。人と同じく、火葬してから納骨する。

 一般にペットのなきがらは、自宅の庭に埋めたり、市町村に引き取ってもらったりすることなどが多く、ペットだけを弔う専用のペット霊園も各地にある。

 しかし、少子高齢化が進み、ペットの存在はより身近に。ペットとの合葬区画がない霊園施設にも「愛犬も一緒に納骨したい」といった問い合わせが増えているという。
posted by wanerbener at 17:10| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年12月23日

ベルギー、韓国、ロシアの攻撃陣をどう抑えるか


 守備は前回大会を経験したブゲラを軸に統率が取れている。彼とディフェンスラインの中央でコンビを組むメジャニは対人戦に強く、特に地上の1対1で負けることはほとんど無い。ロシアの俊英ケルザコフやベルギーのベンテケあるいはルカクといった規格外のアタッカーと対峙しても、シンプルな勝負では十分に太刀打ちできるだろう。

 ただ、基本的にアルジェリアはディフェンスラインがやや深い上に、左サイドバックのメスパフがかなり高い位置まで上がるケースが非常に多い。つまり流れのニューバランス ランニングシューズ中で3-3-3-1になっている時間が長いのだ。

 右サイドバックには守備的MFが本職のモスタファを置き、彼が中央に絞りながらセンターバックを補佐することでバランスを取っている。そのため、自陣のワイドに構造的なスペースがあり、攻守の切り替わりから相手のウィングに前を向いてボールを持たれやすい。

 ベルギーとの初戦ではアザール、韓国戦ではソン?フンミン、ロシア戦ではココーリンと欧州リーグでもトップレベルの左サイドアタッカーが相手になることを考えれば、ハリルホジッチ監督としても何らかの“本番仕様”のプランを入れていく必要があるだろう。

 1つの解決策は左サイドバックに守備的なサイドバッニューバランス 574クを置き、右のモスタファが相手の左ウィング封じに専念できる状況を作ることだ。
posted by wanerbener at 17:58| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

アタッカーに揃うタレント。しかし守備は…


 アフリカ予選は彼らをチームに取り込む過程で行われたもので、残り半年での伸びしろは32カ国の中でも高い方にあるはず。特に22歳で本大会を迎える技巧派MFのタイデルは、その若さでインテル攻撃陣のポジション争いに割り込み、着実に経験を積んでいる。

 バレンシア所属のフェグリはスペインでも屈指のサイドアタッカーで、その果敢な仕掛けにはバルセロナやレアル?マドリーの守備陣も手を焼いている。

 ここにタイデルと同じくインテルでプレニューバランス スニーカーーするベルフォディルがフィットして加われば、地力に勝るベルギーやロシアを持ってしても、一筋縄では対処できない強力な攻撃陣が完成する。ただ、攻撃の起点となるのはボランチのラセンとイエブタだ。

 彼らが前後左右にボールを散らし、タイミング良く鋭い仕掛けにつなげるのが基本となる。言い換えれば、ここからのラインを断たれると、アルジェリアの攻撃は機能不全に陥りやすいのだ。

 経験豊富でバランス感覚に優れる2人だが、ハイプレッシャーにやや弱い面がある。アフリカ予選ですら苦しんだ“30歳コンビ”をこのまま軸とし続けるのか、プレミアリーグのクリスタル?パレスに所属するグエディウラなど新たなセットを組み込むのか、ハリルホジッチは残る強化日程を睨みながら探ることになるだろう。

 ディフェンスラインも押し込まれると苦し紛れのキックで相手にボールを渡してしまいがちだ。基本スタイルを軌道修正する必要はないが、安定したビルドアニューバランス レディースップはチームの生命線だけに、本大会に向けてしっかり完成度を高めたい部分だ。
posted by wanerbener at 17:55| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
リンク集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。