2013年12月21日

小郷知子アナ妊娠5か月


 NHKの小郷(こごう)知子アナウンサー(35)が第1子を妊娠していることが20日、スポーツ報知の取材で分かった。

 関係者によると妊娠5か月で来年5月末に出産予定。我が子の誕生を待ち望んでいるという。土、日曜(祝日)担当キャスターを務める「NHKニュース7」など仕事は体調を考慮しながら来年3月頃まで続け、産休に入ることになりそうだ。出産後も仕事をニューバランス スニーカー続けるつもりだという。

 小郷アナは昨年7月、都内の大手映画会社に勤める同い年のAさんと結婚。映画関係者はAさんについて「誠実でマジメ。人間力があって、周囲からの信頼も厚い。お似合いの夫婦です」と明かす。子供の性別はまだ分かっていないが、Aさんも妊娠を喜んでいるという。

 大学時代に「東京きものの女王」に選ばれた小郷アナは2002年にNHKに入局。美人アナとして人気が高く、確かなアナウンス技術も持ち、才色兼備で知られる。宮崎、福岡を経て、06年から東京アナウンス室に配属。「つながるテレビ@ヒューマン」のリポーターを務めた後、「おはよう日本」の5、6時台キャスターに起用された。現在は「ニュース7」を担当し、看板アナの一人として活躍している。

 ◆小郷 知子(こごう?ともこ)1978年7月22日、東京都生まれ。35歳。早大商学部卒業後、02年NHK入局。宮崎、福岡放送局を経て06年1月から東京アナウンス室。11年4月に森田美由紀アナ以来、女性アナとして12年ぶりに「NHKニューニューバランス レディースス7」のキャスターに。趣味は海外旅行とミュージカル観賞。中学時代、陸上部に所属し、砲丸投げで区大会3位になった
posted by wanerbener at 16:50| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

元ミスコン準グランプリ女性が競輪プロ合格


 競輪やオートレースを運営する「JKA」は20日、女子競輪「ガールズケイリン」を目指す日本競輪学校の合格者を発表し、福井県勢で初めて梅田夕貴さん(26)=大野市南春日野=が合格した。かつて福井市のキャンペーンレディー「お市の方」準グランプリに輝き、金沢大大学院を修了した才女。競技歴1年半、2度目の入学試験挑戦で夢のスタートラインに立った。「ニューバランス996福井から後に続く女子選手が出てくるよう、トップ選手になりたい」と意気込んでいる。

 2006年~07年の「お市の方」だった学生時代に、福井競輪不死鳥杯で花束贈呈したのがきっかけ。ファンとして競輪場へ通ううち、あこがれが目標に変わり、昨年7月から日本競輪選手会福井支部の鷲田佳史選手(S級2班)に師事してきた。

 中学時代は軽音楽部、高校では野球部マネジャーと「運動とは無縁の人生」(梅田さん)だったが、167センチと長身で手足が長く「自転車の乗り方は最初からきれいだった」(鷲田選手)。わずか3カ月後の1次試験では、合否を大きく左右する1000メートルのタイムで、合格ラインまであと4~5秒に迫った。

 男子選手に交じり毎日午前4時から100~120キロ以上走る自転車漬けの生活。お市の方に選ばれたスリムな体形も、ラーメン鉢で白米を食べて15キロ増量した。タイムが伸びず不安を抱えた春先を乗り越え、5月に前年の合格ラインを上回る1分23秒台を記録。10月の試験前には目標だった1分20秒台に達した。

 男子同様に厳しく接してきた師匠の鷲田選手は「素人から短期間でこれだけ記録を伸ばせたのはすごい。理解力が高く、目標に対し計画的に取り組めるところはプロ向き」と称賛。ただ、コンマ数秒の世界でしのぎを削るトッププロの厳しさは伝えている。

 合格に「師匠はじめ福井支部の皆さんが辛抱強く指導してくれたおかげ」と感謝する梅田さんも「課題は上半身強化とダッシュ力。体重もまだまだ増やさないと」ニューバランス1400と自覚は十分だ。

 来年5月に静岡の競輪学校に入学し、約10カ月間練習を積んだ後、デビューする。福井支部から女子選手が誕生すれば、福井競輪場でガールズケイリンが初開催される可能性があり、華やかな女子レーサーがバンクを疾走する姿が福井でも見られそうだ。
posted by wanerbener at 16:50| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年12月20日

医者に殺されない47の心得


 毎年年末に本とコミックの情報誌『ダ?ヴィンチ』が発表する、本好きたちの総決算「BOOK OF THE YEAR」。ダ?ヴィンチ読者、書店員、文筆家など、総勢4619名からのアンケートをもとにしたランキングが今年も発表された。


 趣味?実用書の鉄板ジャンルと言えば、“料理”“美容?ダイエット”“健康”だろう。インパクトのある題名、ユニークな切り口の本が数多くランクインしている。1位に輝いた『医者に殺されない47の心得』は、その好例。ショッキングなタイトルもさることニューバランス996ながら、医療産業を鋭く批判する内容が話題を呼び、すでに100万部を突破している。高齢化が進むにつれ、既存の医療、健康法を見直す本はますます増えていくと思われる。

 美容?ダイエットの分野では、今なお人気の衰えない『美木良介のロングブレスダイエット』がランクイン。料理本はヘルシー志向からガッツリ系、人気コミックの料理を再現するレシピ本まで、バラエティに富んだラインナップとなった。独自の片づけ術を説く『人生がときめく片づけの魔法2』も、前作の大ヒットを受けて4位に食い込んでいる。
 
1位 『医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法』 近藤 誠 アスコム 1155円
2位 『丸の内タニタ食堂 行列のできる500kcalのまんぷく定食とお弁当』 タニタ 大和書房 1200円
3位 『男子ごはんの本 その5』 国分太一、ケンタロウ、栗原心平 MCO/発行 KADOKAWA/発売 1890円
4位 『人生がときめく片づけの魔法2』 近藤麻理恵 サンマーク出版 1470円
5位 『美木良介のロングブレスダイエット 顔も身体ニューバランス1400も美しくやせるブレスプログラム』 美木良介 徳間書店 1680円

 同誌では10位までのランキングを掲載。6位以下にも“料理”“美容?ダイエット”“健康”本がランクインしている。「食」と「健康」は人々にとって永遠の鉄板テーマなのかもしれない。
posted by wanerbener at 16:30| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
リンク集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。