2013年12月17日

尼崎少年虐待 奇妙な集団生活


 兵庫県尼崎市で起きた少年の性的虐待事件。その背景にあったのは、奇妙な集団生活だった。

 中学3年の男子生徒(15)を自宅に連れ込み、集団で性的虐待を行ったとして、11日に強制わいせつ罪で起訴された無職、沖野被告は、3DKのマンションの一室で自分の子ども4人と暮らしていた。県内の少年少女ら少なくとも4人が常に出入りし、彼らは、沖野被告のことを「ママさん」と呼んでいたという。

 3階建てマンションの1階にある部屋のベランダにはごみが放置され、窓の網戸も破れたまま。窓際には少年少女らが使っていたのだろうか、簡素な二段ベッニューバランス996ドが置かれていた。

 近所の住人によれば、沖野被告が4人の子どもを連れて、このマンションに引っ越してきたのは1年ほど前。しばらくは静かだったが、今年2月ぐらいから少年少女らの出入りが激しくなっていった。近くに住む男性は、金髪にスエットの上下、サンダル姿の少年少女たちがミニバイクをふかし、大きな音を鳴らしながら近所を走り回るのをよく見かけたと話す。

「マンションの入り口付近には、いつも少年少女たちがたむろしていて、夜中でも騒がしかった。敷地内にある貯水タンクの上に登ったり、ベランダから出入りしたり。マンションの共通玄関を覆う屋根の落書きも子どもらが書いたもの。警察も頻繁に来ていたみたいですわ」

 事件は今年10月、そんな集団生活を背景に起きた。兵庫県警少年捜査課の調べによれば、沖野被告は、交際相手がいると知りながら長女(14)に交際を迫った中学3年の男子生徒に腹を立て、「こらしめたろか」と、犯行を計画したとされる。

 土木作業員の少女が沖野被告の指示で、男子生徒を電話で呼び出し、路上で待っていた4人の少年少女らが男子生徒を部屋に連れ込んだ。その後、室内にいた少ニューバランス1400年が包丁を突きつけ、沖野被告とともに「なめとんのか!」「奴隷になって家に住み込むか」と脅し、男子生徒を裸にした上で、ベルトでたたいたり、ろうそくを垂らすなどしたという。

 少年捜査課の幹部は、「通常なら、交際を申し込んだくらいで制裁をしようなどということにはならない。ある種の集団心理が働いたのではないか」と話す。
posted by wanerbener at 12:45| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

天皇陛下の外国ご訪問は大使100人分の働き?



■“皇室外交”のパワー

 11月30日から12月6日までの日程で、天皇皇后両陛下がインドを訪問されました。前回のご訪問はご成婚翌年の1960年といいますから、実に53年ぶりのことです。当時植樹され、今では大きく成長した菩提樹を懐かしそうに見上げられるお姿が、そのまま日印の友好の歴史を物語っていました。昨年心臓のバイパス手術を受け、今も前立腺ガンの治療をニューバランス ランニングシューズ続けられている天皇陛下。今年の誕生日で80歳を迎えられますが、いまだ外交において重要な役割を果たされているのです。

「皇室のお姿―その重要な役割―」(新潮講座)講師の竹元正美氏は、「よく天皇陛下の外国ご訪問は、大使100人分の働きに匹敵すると言われますが、それは間違いです」と言います。「皇室の役割は、大使の役割とは異次元の重要性を有しているのです。比較することはできません」。
 天皇陛下の皇太子時代には東宮侍従を務め、その後外務省でホンジュラスとウルグアイ大使を務めた竹元氏の言葉だけに、重く説得力があります。
 インドは経済発展めざましく、日本から進出する企業も急激に増えています。経済関係において今後日本の重要なパートナーとなっていくものと期待されています。天皇皇后両陛下のご訪問はそんな世事とは切り離して考えられるべきものですが、しかし親善関係を築く上で大きな力を発揮されたことは間違いないことです。

■歴史とともに歩む皇室

 皇室は、神話に彩られた古事記の世界から貴族社会、武家の時代、現在の民主主義の時代へと国民とともに歩んできました。こういった歴史の転換期にいつも大きな役割を果たしてきたのが皇室です。
 他方、壬申の乱、南北朝時代、ニューバランス 574幕末の動乱期、太平洋戦争での敗戦など、皇室の危機ともいえる時期もありましたが、その度にこれを乗り越えてきました。
 歴史に学ぶならば、これからも皇室の存在は日本の発展にきっと重要な意味をもつことでしょう。
posted by wanerbener at 12:44| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

SMAP中居正広がブレーク支える


 Kis-My-Ft2の“後列メンバー”といわれる、横尾渉(27才)、宮田俊哉(25才)、二階堂高嗣(23才)、千賀健永(22才)の4人で結成された「舞祭組(ぶさいく)」というユニットをプロデュースするのは彼らの先輩であるSMAPの中居正広(41才)だ。12月13日発売のデビューシングル『棚からぼたもち』では、中居が作詞作曲からミュージックビデオの制作を担当するほどの力の入れようだ。

 いわば、日の当たらないメンバーたちのブレークを支える中居。その思いは、ジャニーズの後輩に対してだけではない。

 2013年、11年ぶりに3作連続オリコン1位を記録し再ブレークしたといわれている「モーニング娘。」。彼女たちの再ブレークにも、中居の影があるとニューバランス スニーカーいわれている。

「自分の番組に、知名度もほとんどなかった現在のメンバーを出演させたんです。そこで若さ溢れるダンスを披露した彼女たちを中居さんはおもしろがって、それ以降も繰り返し、彼女たちを呼び続けました。こうして露出の増えていった“新生?モーニング娘。”は、再浮上していったんです」(芸能関係者)

 2012年には中居が司会の『うもれびと』(フジテレビ系)に出演した武井壮(40才)が“百獣の王を目指す男”として注目を浴び、その後『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)にも出演。さらに中居の猛プッシュもあってか『笑っていいとも!』(フジテレビ系)のレギュラーにまで上り詰めた。

 中居がそんな芸能人たちをとことん支援するのは、過去のつらい思い出からだという。

「今でこそ国民的グループのSMAPですが、当初は泣かず飛ばずでした。1991年にCDデビューを果たしましたが、初週売り上げ1位が当たり前のジャニーズアイドルとしては前代未聞の“初登場2位”を記録してしまいます。

 ライブも空席ばかりで、中居さんは“いつ解散してもおかしくない”という不安と常に闘っていました。そんな彼だからこそ、芽が出ない人に対し“なんニューバランス レディースとかしてあげたい”という気持ちが人一倍強いんです」
posted by wanerbener at 12:40| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
リンク集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。