2013年12月25日

高速道路SA?PAのLTE捕捉率


 仕事や旅行での移動中での情報収集や通信の重要性はますます高くなっている。株式会社ブランド総合研究所は、高速道路の路線別サービスエリア?パーキングエリアにおけるスマートフォンのつながりやすさの調査結果を発表した。この調査は全国の高速自動車国道(国土開発幹線自動車道のみ対象で、一般有料道路は対象外)のSAおよびPAでのLTEのつながりやすさ(捕捉率)と通信速度(上りおよび下り)を測定したもの(調査期間は11月15日から18日まで)。

 調査の結果、つながりやすさに関ニューバランス スニーカーして高速道路の路線によって大きく異なることが判明。調査地点全てで携帯キャリア3社ともLTEに接続できた(捕捉率100%)のは、館山、東名阪、西名阪、伊勢のわずか4路線のみしかなく、特に東北や九州などの地方路線では、キャリアによってはLTE接続の差が大きく出た。路線別では、すべてのSAおよびPAでLTE接続できたのは、docomoでは44路線中13路線(29.5%)、SoftBankでは8路線(18.2%)だった。一方、auは31路線(70.5%)でLTE接続が可能で、全路線におけるLTE捕捉率の3キャリア平均は76.9%だった。

 また、下りの通信速度が最も速かったのは新東名自動車道(調査施設数10箇所)で、下り通信速度はキャリア3社の平均で25.5Mbps(docomoは29.0Mbps、auは34.8Mbps、SoftBankは12.8Mbps)。一方、秋田自動車道(同9箇所)で6.2Mbps(docomoは2.0Mbps、auは14.6Mbps、SoftBankは2.0Mbps)となったほか、道東自動車道や八戸自動車道など、地方路線では速度が極端に遅くなるキャリアがあるという結果になった。

■高速道路別のLTE捕捉率と通信速度

 全国の高速自動車国道の路線別でのLTE捕捉率(LTE接続できた比率)と下りの通信速度の測定結果について、調査を実施した全525箇所の平均の捕捉率は、docomoが71.2%、SoftBankが63.6%に対し、auは95.8%だった。また通信速度ではdocomoが15.1Mbps、Sニューバランス レディースoftbankが12.8Mbpsだったのに対し、auは21.4Mbpsとこれらを大きく上回った。

■調査概要
?調査名
高速道路におけるスマートフォン接続状況調査
?調査日
2013年11月15日から18日までの4日間
?調査時間
9時~18時
?調査地
全国の高速自動車国道(国土開発幹線自動車道のみ対象で、一般有料道路は対象外)のうち、SA施設は上りと下りの240箇所、PA施設は上りまたは下りのいずれか1箇所(上りと下りの両方あるばあいは上りのみ)の285箇所の計525箇所
?集計対象
調査施設が3箇所以上ある高速道路(2箇所以下は「その他」とした)
?調査場所
原則としてメインの建物の入口に近い屋外のパーキング
?測定方法
「RBB Today Speed Test」アプリを使い、1機種1箇所につき3回計測し、その平均値を算出した。なお、接続できなかった場合には0Mbpsとした
?調査機種
調査使用スマートフォン端末はdocomo、au、SoftBankの各iPhone5c
?調査主体
株式会社ブランド総合研究所
posted by wanerbener at 17:15| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

水樹奈々が望むクリスマスプランとは?


 2012年春に公開され、アバター以来となる4週連続1位を記録し、世界中で社会現象となった『ハンガー?ゲーム』。その続編が2013年12月27日に日本公開となる『ハンガー?ゲーム2』だ。全米では11月に公開され、オープニング成績が全米史上歴代6位、興行収入は既に400億円を目前と、前作をもしのぐ記録的大ヒットとなっている。

 独裁国家パネムが毎年開催する究極のサバイバルゲーム「ハンガー?ゲーム」は12の地区から集められた男女が最後の一人になるまで戦うというもの。前年の第74回大会は少女カットニスが勝者となって幕を閉じた。そして、今回『ハンガー?ゲーム2』で描かれるニューバランス996のが第75回記念大会。独裁者スノー大統領はカットニスを抹殺するために、歴代優勝者24人を戦わせるというグランドチャンピオン?バトルという特別ルールを発表した。カットニスは、仲間との絆だけを頼みの綱に、絶体絶命の窮地から這い上がる!

 舞台挨拶には、水樹奈々さん(カットニス役)、神谷浩史さん(ピータ役)、中村悠一さん(ゲイル役)、前野智昭さん(フィニック役)が、担当するキャラクターをイメージした衣装で登場。水樹奈々さんの“燃えるような”カットニスを意識した、真っ赤な衣装に注目が集まった。

 今回の『ハンガー?ゲーム2』について、各々に感想を聞くと、水樹さんからは「前作がとても気になる終わり方をしていたので、2やっときた!っていう気持ちだったんですが、まだ終わってなかった!という感じで、もやもやしてます」と、早々と続編を望む声が。また、神谷さんもそれに同調しつつ、「ゲームに勝った人たちのその後って意外と描かれない。でもそこをちゃんと見せていくんだなと思いました」と続けた。

 中村さんは、「1の時は、カットニスの味方をする奴から死んでいくっていう悲しいストーリーだったんですけど、2は死なない仲間がいて、これから3になった時にどういうふうに手助けしてくれるのかなと」と、今後の展開への期待を述べた。今回から参加することになった前野さんは、新しいキャラクターであるフィニックが“水中戦が得意”という紹介があったにもニューバランス1400関わらず、該当するシーンが見当たらず「…水中戦あったかな?」と会場の笑いを誘った。水中戦は、3でのお楽しみ!?とのこと。

 会見では、「各キャラクターになりきって、カットニスにどんなクリスマスをプロデュースするか、クリスマスプランを考えて下さい。あとで水樹さんに、カットニス目線で選んでもらいます」と、男性陣にとって負けられないプチイベントも開催。

 神谷さんは「ピータは力が強くてペイントが得意。あと、あんまりお金持ってなさそうなので、絵を描いて“見てくれカットニス、すごいクリスマスケーキだろ? ウソ! 絵なんだぜこれ!”って言う。“オレ、すごい素敵な衣装着てると思ってるだろ? 裸なんだぜ! ボディペイントいぇーい!”って感じ」と盛り上げ、中村さんは「ゲイルなら、山に狩りにいくしかない。ターキー捕りに行こうぜって。で、新しい弓と矢持ってきたからって言ってカットニスに狩らせます」と、カットニス頼りというデートをプロデュース。前野さんは「フィニックはリッチマンっぽいので、お店を貸し切って、おもちゃの弓と矢でこのこの、って。オレがやりたいです(笑)」と自分の願望を語るなど、それぞれまさかすぎる珍回答で、会場に笑いの渦を巻き起こした。

 水樹さんはその中から、「現実的なゲイルがいいなって思いました。確実に自分が七面鳥を仕留めればいいわけです」と中村さんの答えを選んでいた。

 「ハンガー?ゲーム」シリーズは、1、2、3(前編)、4(後編)の4部作になることが決まっている。2の上映開始時期は、上記でも述べた通り2013年12月27日。まだ1を見ていない人はDVDやBlu-rayでチェックして、ぜひともこの『ハンガー?ゲーム2』を観に行こう!
posted by wanerbener at 17:12| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

猪瀬知事を甘やかした?




 ついに辞職に追い込まれた猪瀬直樹東京都知事。5千万円をめぐる刑事告発が捜査当局に提出され、今後の行方に注目が集まる。

 都知事就任から1年を迎えた猪瀬氏の独特のくぐもった声は、200人の報道陣の熱気の中で今にも消え入りそうだった。潔い振る舞い。それが繰り返し問われた。

「なぜ辞職するまで、これだけ長引いたのか」

 実際、その影響が2020年東京五輪の開ニューバランス ランニングシューズ催準備に出ている。組織委員会の理事に、都知事の就任が予定されていたが、5千万円問題で選出作業が滞っていた。スポーツジャーナリストの玉木正之氏は、「辞任するのが遅かった。組織委員会の立ち上げのためもっと早く辞めるべきだった」と指摘する。

 ここまで往生際が悪かったことに、猪瀬氏の幼少期からの人間形成が関係していると見る関係者は多い。

「幼いときに父親を亡くし、母親に育てられた。母親だけに育てられた人間というのは、気が弱い傾向があるのですが、対社会とか対世間になるとものすごく強気を示します。自分を守るというか、別の言い方もできるのに強く出てしまう。これは自信がない裏返しで心理学の初歩として認識されています」

 こう話すのは、猪瀬氏が30代のころを知るジャーナリストの池田房雄氏だ。さらに猪瀬氏の個人事務所の元関係者は、

「猪瀬さんの脇の甘さは、3人の女性に甘やかされて育てられたからです。1人目は既に亡くなられた実母です。2人目はこの前亡くなられた奥さん。そして3人目は猪瀬事務所の金庫番のT女史です。この方は学生運動をやっていたときからの同志みたいな感じです。女性スキャンダルがある度に奥さんとTさんにバレないように、猪瀬さんは必死でしたよ。一方で、終電がなくなるまで残業してタクシー代を何度か請求したら、事務所に泊まれと言われました。スタッフには厳しかった」

 端から見ると、T女史が猪瀬氏の姉のような存在に見えたという。

 ライター活動が本格化したのは、ジャーナリストの小板橋二郎氏が率いたライター集団「グループ915」に、山根一眞氏や佐野眞一氏らと共に所属したときだ。

「アンカー(記事原稿の執筆)の仕事は早くこなしていたが、よく遅刻するから叱ったことがある。すると『子供の頃から遅刻しないように走って汗をかいニューバランス 574ていました』なんて妙な言い訳をするんです。それにいつも生意気な口をきくから『世の中はお前のおっかさんばかりじゃないんだ。舐めた口きくと張り倒されるぞ』と怒鳴ったこともあった」
posted by wanerbener at 17:11| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
リンク集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。