2014年01月10日

予想を大きく上回る堅守でチームを支えたDFたち。


 ●DF ベインズ、ロブレン、メルテザッカー、コールマン

 CBには、意外な堅守が前半戦好調の要因となった2チームから1人ずつ。

 ペア?メルテザッカーは、リーグ最少の18失点で20試合を終えたアーセナルで、最終ラインの要となった。昨季までは「鈍重」と形容されることも少なくなかったが、ニューバランス 574プレミア3年目にして、本人が言う「展開の読みとカバー意識の改善」が成果を見せ始めた。

 サウサンプトン1年目のクロアチア代表DFデヤン?ロブレンは、開幕戦からリーダーシップを発揮。プレシーズンで出遅れた吉田麻也には気の毒だったが、ジョゼ?フォンテとのコンビで昨季前半戦の「37」から「20」へと、失点数の大幅削減に貢献した。得点力不足のサウサンプトンでは、後半戦でも、新CBと共に新ボランチのビクター?ワニャマの活躍が、トップ10フィニッシュへの鍵を握ることになりそうだ。

 中央の控えは、モウリーニョが復帰したチェルシーで、ニューバランス 996
第1CBとしての自信とパフォーマンスを取り戻したジョン?テリーと、エバートンでモイーズ前監督の遺産とも言うべき堅守を体現しているフィル?ジャギエルカが妥当だろう。

 左右のSBは、同じエバートンでも、ロベルト?マルティネス新監督による攻撃姿勢の強化がより一層の貢献度アップに繋がった、レイトン?ベインズとシーマス?コールマンだ。攻撃的な両名は、計8得点をチームにもたらしている。SBのバックアッパーにも、リーグ前半戦での得点はないが、やはり攻撃的なチームの中で切れ味が光った、サウサンプトンのルーク?ショーと、マンCのパブロ?サバレタの名を挙げておこう。
posted by wanerbener at 17:41| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
リンク集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。