2014年01月20日

選ばれた「一番ムリそうな人」


 ヒット番組を生み出すテレビマンたち。彼らはそれを生み出すまでに、数々の「ムリ」を超えてきた。

 日本テレビの高橋利之(46)は、「行列のできる法律相談所」「世界一受けたい授業」「有吉反省会」などの総合演出を手がける。この年末は局内最多となる7本もの特番を担当した。

「ムリはたくさんあったけど、あんまり苦労した記憶がないんですよ。そもそもムリなところから始めるのが、番組づくりの基本だから。ニューバランス 1400でも……」

 そう言って挙げた番組は、07年の「24時間テレビ」だ。

 30周年の節目。チャリティーマラソンのランナーは「一番ムリそうな人」と決めた。真っ先に浮かんだのが、第1回の司会を担当した萩本欽一だった。とはいえ、萩本は当時、すでに66歳。所属事務所に打診すると、「絶対走らないと思います」。思い切って本人に直談判した。すると萩本の答えは、意外にも、

「できるかどうか、やってみようか?」

 この人も自分と同じく「ムリ」と言わない人なんだ。そう思った。ただ、ランナー発表後は、「欽ちゃんを殺す気か」と非難の声があがった。説明を求める上司に、胸ポケットを指さして「辞表をココに入れています」と、覚悟を見せた。高橋は笑う。

「芝居ですよ。辞める気なんてまったくなかったですもん」

 萩本は放送終了までにゴールできなかったものの、真夏に70キロを完走した。この番組で萩本と近い関係になれたことは、今も大切な財産だ。

 予算がない、時間がない、人は少ない、でも苦情は来る……。厳しい制約の中での番組づくりは、ムリの連続だ。高橋は若い後輩たちに言う。

「簡単にムリと言うな」

 印象に残る昔の番組がある。日テレの「木曜スペシャル」枠で放送された「ミイラ大解体」だ。南米からインカ帝国のミイラを運び、包帯を外す様子を延々と生放送した。いくら包帯を外したところで、中から出てくるのはミイラに決まっている。でも、あのときのハラハラ感は、半端ではなかった。

「よくできた番組と、おもしろそうな番組は別物。アディダス スニーカーつくり手がおもしろがれないような、ムリもムダも見えないような番組は、やっぱりおもしろくない」
posted by wanerbener at 17:14| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。